1.1マイポートフォリオサイト作り方ノート

1.1ポートフォリオとは何か?

ポートフォリオとは何か?その定義と重要性

ポートフォリオとは、一言で言えば、あなた自身の「仕事のサンプル集」です。これは、あなたがこれまでに行った作業、プロジェクト、または達成した成果を示すためのツールであり、あなたのスキル、経験、才能を証明するためのものです。更に深掘り情報として初心者向けと全ての人に届けたい情報です。「私には関係はない!必要ない!」と放っておけない大切なパートナーになると思いますので下のボタンの記事「由来、歴史、そもそも話、誤解、」などもあわせて読んで頂くと日本でのポートフォリオの扱いがまだまだ発展途上で今後急拡大し必須ツールとなる事が伝わると思います。下のボタンからもお時間あったら是非参考にしてみて下さい。」


ポートフォリオは、特にクリエイティブな職業(例:グラフィックデザイナーやイラストレーター、webデザイナーなど)で一般的ですが、その範囲はこれらに限定されません。実際、どのような業界でも、あなたが何を達成したかを示すためのポートフォリオは非常に有用です。

はじめに
日本ではポートフォリオ=作品集と言う認識がまだまだ強いですね。
日本では次の様に大きく4つに分けた考え方を持つことでポートフォリオの可能性が広がります。
ここでは、ペーパーではなく「ポートフォリオサイト=自分を売り込むためのホームページ」の開設をすることを中心に考えます。

1.作品集(ギャラリー)としての考えの場合:
基本PORTFOLIO=ホームページなのですが、カテゴリとして「ポートフォリオ」ページを作る事が多くそのポートフォリオには作品の画像しか掲載されていない事が多いです。しかし、世の中作品だけがビジネスや活動ではありませんので、日本感覚のPORTFOLIO=作品集であれば、日本のポートフォリオは偏った狭い世界でしか価値はないことになってしまいます。様々な用途に活躍できる本来のポートフォリオの活用が日本でも広がるともっと繋がりのある社会が作られるのではないかと思っています。

2.作品のないポートフォリオサイトの場合:
実務経歴、活動のPR、プロジェクトの協力拡大、事業継承、販促や販路拡大、趣味、自己啓発、自己開発、新たな挑戦、ボランティア募集など、「作品展示」ではないポートフォリオの大きく秘めた可能性の利用が殆ど有効活用されておらず、ほとんどのポートフォリオの情がクリエイター向けの作品紹介のためのデザイン性の非常に高いサイト作りとなっています。

3.自分売り込みホームページ(portfolio)の場合:
実務経歴、活動のPR、プロジェクトの協力拡大、事業継承、販促や販路拡大、趣味、自己啓発、自己開発、新たな挑戦、ボランティア募集など、「作品展示」ではないポートフォリオの大きく秘めた可能性の利用が殆ど有効活用されておらず、ほとんどのポートフォリオの情がクリエイター向けの作品紹介のためのデザイン性の非常に高いサイト作りとなっています。

4.売り込みたいけど個人を特定されたくない場合:
仕事は欲しいけど、今の職場や周囲に売り込みを知られたくない!このような場合でもポートフォリオが役に立ちます。ポートフォリオなら加盟や顔写真の代わりにやりたい事のアイコンを貼ったり、やりたい事やっていることの現場の様子が伝わる画像を多用して、計画をしっかり下記まとめます。企業マッチングを利用すれば、オファーしたい特定の企業にしか反映されず、更にオファーを受けるためのサイト公開のタイミングも自分で決める事の出来る便利なポートフォリオの活用サービスもあるので、PORTFOLIOの作成の練習や自己開発、自己管理のツールとしても役に立ちます。
必ずしもあなたの経歴がポートフォリオのPRに直接一致していなくても問題ではなく、あなたの人となりがうかがえる事が求められる場合も多いので、明るく誠実に計画性のあるアピールを心がける事が作品集にこだわるよりも大切かもしれません!

ポートフォリオは、あなたが何を達成したか、どのようなスキルを持っているかを具体的に示すことができるため、就活生や未経験者にとっては特に重要です。あなたの能力を証明し、雇用者やクライアントに対して信頼性を築くための強力なツールとなります。

次回は、ポートフォリオサイトの作り方と設計について詳しく説明します。初心者でも簡単に作成できるツールやテンプレートを紹介しますので、お楽しみに!

1-1-2.ポートフォリオの定義と重要性

2023.06.19

目次:Contents [hide/非表示]

1-1-2.「ポートフォリオの定義と重要性」

ポートフォリオの定義

ポートフォリオは、あなたのスキル、経験、才能を証明するためのツールです。これは、あなたがこれまでに行った作業、プロジェクト、または達成した成果を示すためのものです。

ポートフォリオの重要性

ポートフォリオは、あなたが何を達成したか、どのようなスキルを持っているかを具体的に示すことができるため、就活生や未経験者にとっては特に重要です。あなたの能力を証明し、雇用者やクライアントに対して信頼性を築くための強力なツールとなります。


下のボタンの記事「由来、歴史、そもそも話、誤解、」などもあわせて読んで頂くと日本でのポートフォリオの扱いがまだまだ発展途上で今後急拡大し必須ツールとなる事が伝わると思います。下のボタンからもお時間あったら是非参考にしてみて下さい。」

ポートフォリオは、特にクリエイティブな職業(例:グラフィックデザイナーやイラストレーター、webデザイナーなど)で一般的ですが、その範囲はこれらに限定されません。実際、どのような業界でも、あなたが何を達成したかを示すためのポートフォリオは非常に有用です。


ポートフォリオがない場合の対処法

ポートフォリオがない場合、あなたのスキルや経験を証明するのは難しくなります。しかし、それは作品がないからといってポートフォリオを作成できないという意味ではありません。実務経験や学生時代のプロジェクト、地域活動や個人活動など、あなたがこれまでに関与した活動はすべてポートフォリオに含めることができます。

ポートフォリオは作品集ではない!

ポートフォリオは、作品集とは異なります。作品集はあなたの作品だけを集めたものですが、ポートフォリオはあなたのスキルや経験を証明するためのものです。したがって、作品がない場合でも、あなたがこれまでに関与した活動を通じて得たスキルや経験を示すことができます。

ポートフォリオの作成ツール

ポートフォリオを作成するためのツールは多数あります。初心者でも簡単に作成できるツールやテンプレートを紹介しますので、お楽しみに!

次回予告 下の目次を順にこの記事に掲載していきます。

1-1-3.ポートフォリオがない場合の対処法

1-1-4.ポートフォリオは作品集ではない!

1-1-5.作品のないポートフォリオも大切!

1-1-6.クリエイター専用作品集だけではない!

1-1-7.実務、経験、などの実績のないポートフォリオ!

1-1-8.地域活動、助け合い、個人活動のPR